宅配ボックスのデメリットに注意して選ぼう

便利すぎる宅配ボックス!かしこく選ぼう

宅配ボックスの一番にあげられるメリットは、なんといっても防犯性の高さです。
対面で荷物を受け取る安心というのもありますが、やはり配達業者に会わなくて済むというのは、特に女性の一人暮らしには安心です。

マンションの共用設備では、部屋の前に置くわけではないので、そもそも外部の人間が建物内に侵入することを未然に防ぐことになります。

もう一つの大きなメリットは、荷物の受取だけではなく発送のサービスがあることです。配達業者に連絡、あるいは宅配ボックスの運営会社に連絡することで、宅配ボックスから荷物を送ることができるものです。
荷物を送るときも事業所にいったり家に集荷に来てもらったりと手間ですが、このサービスを利用すれば時間も手間も省けます。

ほかにもオンライン管理の宅配ボックスのなかにはオプションサービスとして、クリーニングの取次やAED設置、カーシェアリングの鍵の受け渡しなどにも対応しているものもあります。

宅配ボックスのトラブル…デメリットも把握

オフライン式宅配ボックスでは、そもそも配達業者にボックスの存在を気付いてもらえないということがあります。看板を出したり、注文時の備考欄にコメントを入力しておいたりと、注意を引く工夫が必要です。

また、暗証番号を忘れる、配達業者が番号を入れ忘れるということもあります。なかには不在票を抜き取られて盗難にあうなんてことも。補償が受けられるかは業者によって変わってくるので、施錠方式は慎重に検討しましょう。

どうしても宅配ボックスでは受け取れない荷物もあります。サイズオーバー、代引き商品、クール便、書留・本人限定郵便、着払い商品がそれにあたります。

オンライン式では、保管期間というものがあります。荷物は管理されていますので、長期間受け取れないと回収されたり処分されたりすることがあります。旅行や出張などで長く家を空ける場合は注意が必要です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ