自分が不在時に誰もいない!そんな時のお役立ちボックス

オフラインの宅配ボックスはリーズナブル

宅配ボックスの使い方はいたってシンプルです。配達業者があらかじめ設置された開いている箱に荷物を入れ、印鑑を押して施錠します。あとは箱の鍵をあけて荷物を取り出すだけです。

施錠方式は、暗証番号を打ち込むタイプ、ダイヤルを回して開けるタイプ、鍵で開けるタイプなどがあります。
番号が必要なものは、宅配業者が荷物を入れたあと、鍵をかけるときに設定して不在票にその番号を記してポストに入れていくものです。受取人は帰ってきてその番号を見て開錠します。また、番号を用いずに、受取人が鍵を用いて開けるものもあります。

これらは比較的リーズナブルに設置することができるために、人気の宅配ボックスです。予算が…という方はこのタイプを使用してみるとよいでしょう。
大型のものや複数受け入れOKのもの、逆にコンパクトタイプのものもそろっています。

オンライン管理はセキュリティ万全

状況を常に監視しているオンライン式の宅配ボックスもあります。駅やマンションの共用部に設置されているものが主です。遠隔で操作、監視していますのでセキュリティに関しては安心ですし、サポートも充実しています。

部屋ごとに発行される暗証番号や、ICカード、顔認証などで開錠する方式が多いので面倒なところは皆無です。もし、カードを無くしたなどのトラブルがあっても、オンライン管理なのでセンターの遠隔操作で開錠してもらうことも可能です。
これから住居を探している人は、こうした宅配ボックスを設置しているマンションを当たってみてもよいでしょう。

また、どうしても宅配ボックスが設置できないという人は、駅に置いてある宅配ボックス(宅配ロッカー)を利用してみるのも良いですね。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ