単身者必見!宅配ボックスのかしこい使い方

かしこく使う宅配ボックス情報サイト

宅配ボックスの機能と種類のいろいろ

これ欲しい!と思ったときにいつでも商品をお店に注文できる時代になりました。そんな時代に重宝するのが宅配ボックスです。

自分が留守で誰もいないときに、配達業者が荷物を入れておくことができる便利なボックスです。その仕組みは、箱の中に印鑑が設置されており、配達業者が確認したのち、荷物を入れてカギをかけて配達終了となります。不在がちだったり、時間指定が合わない急な外出、女性の一人暮らし、家のことで手が離せないときなど、特に単身者にとってはニーズが高まっているものです。

昨今はネット通販の増加とともに再配達の手間が増え、配達料金も上げざるを得なくなるほどになっています。そうした背景があって、配達業者にとっても再配達の手間が省ける優れものとなっているのが宅配ボックスです。
受け取る側としても再配達の依頼は手間もかかりますが、気を遣うこともありますし、できれば避けたいものです。

こうした社会事情のなかで認知度は高まっているものの、宅配ボックスの普及率は発展途上です。駅やオフィスで宅配ボックス(宅配ロッカー)を見かけることが増えてきましたが、小さいところではまだまだです。また、住居では新築マンションなどは設置率が高いのですが、築年数が経過しているマンションや、賃貸アパート、戸建てなどでは普及率が低いのが現状です。

このサイトでは、これから宅配ボックスを設置、あるいは利用する方に、自分にあった宅配ボックスをかしこく使いこなすポイントを述べています。

自分が不在時に誰もいない!そんな時のお役立ちボックス

不在時に荷物を受け取れる宅配ボックス。便利な箱ですが、その機能や大きさにもいろいろな種類があります。 戸建てに設置するタイプ、マンションに設置するタイプ、駅にあるタイプなど…。 ライフスタイルに合わせて、宅配ボックスをうまく使いこなしましょう。

宅配ボックスのデメリットに注意して選ぼう

一見、万能な宅配ボックスですが、人によっては使いづらかったりそもそも使えないというタイプのものがあります。 自分がよく頼む荷物の種類や、生活のサイクルなどを考えて、これ!というものを決めましょう。がっちり目的がはまると、これほど使い勝手の良いものはありません。

宅配ボックスを自分で置いてみる

宅配ボックスは、いまや市販品も多く存在しますし、DIYが得意ではなくても自分で部品を買ってきて自作することもできます。 まだまだ自分で宅配ボックスを設置する人は少ない状況です。ここでは、自分で宅配ボックスを設置するときの流れや、設置時の注意点をまとめました。